2013年03月08日

長友不在 インテル持ち味出せず 監督は「まだ終わったわけではない」

欧州リーグ決勝トーナメント2回戦第1戦の8試合が7日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルがアウェーでトットナムと対戦し、0―3で惨敗した。長友は左膝を負傷の影響でベンチ外だった。nike 開始6分、MFベイルのヘッドで早くも先制されたインテル。nike air前半18分にも、MFシグルドソンに押し込まれ、2点をリードされ、前半を折り返す。2点ビハインドで後半を迎えるも、同7分、ベイルのCKからDFベルトンゲンに頭で合わされ、3点目を奪われるナイキ。結局、最後までゴールを決められず、0―3で完敗した。

 全く持ち味を出せなかったインテル・ミラノのストラマッチョーニ監督は「相手が上だった」と脱帽した。ナイキシューズ長友をけがで欠いたチームはトットナムの速いサッカーに対応できず、数少ない決定機も生かせなかった。ナイキシューズ 監督は「まだ終わったわけではない。サッカーでは何が起こるか分からない」と話したが「厳しい状況になったことは十分に認識している」と8強入りが苦しくなる大敗に硬い表情だった。

nike air 第2戦は14日に行われる。シューズナイキ
posted by nike at 15:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。